私たちは,日本において「がん」と「麻酔・疼痛」の領域に特化した医薬品の研究開発や、人々の健康に貢献するコンシューマーヘルスケア製品の開発に積極的に取り組んでいます。
がん領域、麻酔・疼痛領域では、世界同時開発を目指した研究開発を推し進め、日本の医療に貢献することを使命と考えています。

コンシューマーヘルスケア製品については、日本および世界の消費者のパーソナルケアのニーズを満たし、新たな価値提供にこだわった、商品開発、生産、品質管理を行っています。
患者さんや多くの人々の医療および健康ニーズに応えられるよう、私たちはこれからも挑戦を続けます。