PTCL*1(末梢性T細胞リンパ腫)とは?

末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)とは、悪性リンパ腫の一種で、リンパ球のT細胞ががん化する病気です。

PTCLの治療法には化学療法、造血幹細胞移植、放射線療法などがありますが、治療後に再発した患者さんや治療抵抗性がみられた患者さんでは、実施可能な治療の選択肢が限られているのが現状です。このような状況を改善するために、近年、再発又は難治性(治療抵抗性)のPTCL治療薬の開発が進んでいます。

*1:Peripheral T-Cell Lymphoma

詳細はこちら

総合感染対策のイソジン®

イソジン®の有効成分ポビドンヨードは、さまざまな真菌、細菌、ウィルスに対して殺菌消毒効果があります。世界では主に「ベタダイン®」という名で展開され120カ国以上で感染対策をサポートしています。

ポビドンヨードのチカラを、うがいだけなく毎日の手洗いやきずの手当など、総合的な感染対策のために。

詳細はこちら