新社長就任のお知らせ

ムンディファーマ株式会社(本社:東京都港区)は、2021年7月1日付で、辻󠄀和美(つじかずみ)が新たに代表取締役社長として就任しましたことを、お知らせいたします。

新社長となる辻󠄀和美は、日本イーライリリー株式会社で MR(医療情報担当者)としてキャリアをスタートしました。その後、サンフランシスコ大学にて MBA(経営学修士)を取得、ニューヨークのファイザー本社にてマーケティングの経験を積み、日本帰国後、ファイザー株式会社において、長期収載薬・後発品を扱うエスタブリッシュ医薬品事業部のマーケティング統括部責任者として約 80 製品・2000 億円の製品ポートフォリオのマーケティングをけん引、その後アジアパシフィックのマーケティングリード、リウマチ事業のディビジョンヘッドを歴任しました。2015年には、ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社の執行役員に就任、肝臓/血液事業部門長、オンコロジー事業部門の部門長などの主要ポストにおいて、日本の成長戦略を策定・指揮する責任者としても活躍しました。また、日本の製薬業界では数少ない女性役員の一人として活躍することで、ジェンダー・ダイバーシティの推進にも貢献しております。

当社は今後も新社長の下、がん、疼痛そしてコンシューマーヘルスケアの 3 つの領域を中心に、付加価値の高い製品と、他に類のない革新的なソリューションを提供することを通じて、患者さんのクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献し、医療のベストパートナーになることを目指して取り組んで参ります。

ムンディファーマ株式会社について
世界 120 カ国以上に展開する独立関連企業ネットワーク Mundipharma の日本の独立関連法人として、1991 年に設立。日本では「疼痛」、「がん」、イソジン®ブランド製品を含む「コンシューマーヘルスケア」の 3 つの事業を柱に、患者さんの QOL(生活の質)の向上に貢献しています。

リリース(PDF)