スペクトラム・ファーマシューティカルズ合同会社の合併と ゼヴァリン®製品の承継に関するお知らせ

報道機関各位

2016年1月25日

ムンディファーマ株式会社

 

スペクトラム・ファーマシューティカルズ合同会社の合併と

ゼヴァリン®製品の承継に関するお知らせ

 

ムンディファーマ株式会社(本社:東京都港区、以下「ムンディファーマ」)は、2015年11月16日付にて買収後完全子会社としておりましたスペクトラム・ファーマシューティカルズ合同会社(本社:東京都中央区、以下「スペクトラム」)を下記の通り吸収合併いたします。これに伴い、スペクトラムが保有しておりますゼヴァリン®製品の製造販売承認をスペクトラムから承継することになりましたので、併せてお知らせいたします。

ゼヴァリン®は現在ヨーロッパ、ラテンアメリカ諸国、アジア地域を含む40ヶ国以上で承認され、日本では再発または難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫およびマントル細胞リンパ腫の治療に使用されております。当社がスペクトラムを吸収合併しゼヴァリン®製品を承継することにより、同製品を必要とする日本の患者様の治療アクセスの向上と、現在当社のパイプラインにあるがん製品と合わせて治療機会を拡大することを目指します。

 

 

  • 合併について
    • 合併期日: 2016年3月1日
    • 合併方式: 吸収合併

 

 

  • ゼヴァリン®製品の承継について
    • 製造販売承認承継予定日: 2016年3月1日
  • 承継予定品目: ゼヴァリン®インジウム(111In)静注用セット

ゼヴァリン®イットリウム(90Y)静注用セット

 

なお、発売元は富士フイルムRIファーマ株式会社のまま、変更はありません。

 

以 上

 

 

ゼヴァリン®について

ゼヴァリン®(イブリツモマブ チウキセタン)は、ゼヴァリン®インジウム(111In)静注用セットと、ゼヴァリン®イットリウム(90Y)静注用セットから成る、再発または難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫およびマントル細胞リンパ腫に使用される専門医により処方される処方薬です。

診断用薬剤であるインジウム(111In)イブリツモマブ チウキセタンを投与して適格性を判断したのち、治療用薬剤であるイットリウム(90Y)を投与します。

 

ムンディファーマ株式会社について

ムンディファーマ株式会社は、世界120か国以上で展開するMundipharmaの日本法人として1991年に設立されました。現在では、「コンシューマーヘルスケア」、「がん」、「疼痛」の3つの領域で日本の患者様のQOLの向上に貢献しています。Mundipharma の企業活動の根底にある世界共通の特徴は起業家精神と情熱。このような姿勢で、アンメットメディカルニーズに対し常に挑戦し続けております。患者様を第一に考える当社だからこそ、誰も挑戦してこなかった難しい問題に取り組みます。

詳細はこちらをご覧ください:http://mundipharma.co.jp/

 

<お問い合わせ先>

ムンディファーマ株式会社 広報室

TEL:03-6718-2937

プレスリリース(PDF版)